プロフィール

出産でお世話になった助産院でアロマテラピーに出会いました。
「なんて素敵な香りなんだろう。」それがアロマに最初に出逢ったときに思ったことです。
それからアロマテラピーを学びだし、
アロマテラピーを通してたくさんのことを学び、そしてさまざまな出会いもありました。
香りのある生活が私に様々な「気づき」を与えてくれました。そんなアロマテラピーのことをを皆さんに知ってもらい、香りのある生活のお手伝いがHPやサロン、スクールを通して出来たらと思いNatural Care Mocotete〈ナチュラル ケア 母子手手〉をオープンしました。

名前の由来には

  ”Moco(母子)”には
・子を授かり母になることをきっかけで出合ったアロマテラピーへの思い。
・子に接する母親の気持ち。
・母子共に自然に触れてほしいこと。

  ”tete(手手)”には
・アロマテラピーを学ぶにあたり、そしてお店をオープンするにあたり沢山の方々の手助けをいただいたこと。
・マッサージするときのなでさする手当ての意味。
 
  ”Natural”には
 「自然」のものを使ってケアをする意味も含め、自分自身(お客様)がNaturalな状態、自然体でいることで楽になれる、日々が楽しく過ごせる意味も含まれています。


このような思いがこめられています。
人それぞれ得るもの、気づくものは違うと思いますが、アロマテラピーとの出合いが皆さまの「気づき」のきっかけになることを願っています。

2011年6周年を迎え屋号を ”aroma communication salon mocotete"へとリニューアルいたしました。
リニューアル致しました経緯はこちらから → 6周年

ブログ、プロフィールページも合わせてご覧下さい。 → おりた紀永プロフィール



  aroma communication salon mocotete 主宰    おりた 紀永

  

〜一周年を迎えて〜

inserted by FC2 system